うじやんBlog

生まれも育ちもうどん県、上京しIT企業で広告営業マンとして働いている僕が日々思ったことを書いていきます!

デブエット生活開始!

こんにちはうじやんです!

 

この度わたくしうじやん

 

デブエットをしはじめることにしました!!

 

なぜかというと

 

バスケうまくなりたい

 

海にいっても恥ずかしくない身体を手に入れたい

 

女子にモテたい

 

女子にモテたい

 

女子にモテたい、、、、

 

ということで

 

体重

 

 

63キロ

 

 

身長

 

 

 

183.3センチ

 

 

の超ガリガリ体型な僕が

 

 

体重75キロ

 

までデブエットをしたいと思います!!!!

 

 

ちなみにこの体型は生まれてから24年間

 

シルエットは全く変わらず育ってきました。

 

 

周りからはガリガリと呼ばれ

 

ガリガリといえば僕みたいな

 

そんな人生もあと数ヶ月でおさらばです。

 

 

Limit of うじやん

高校生の頃バスケの練習中倒れたことがあった

 

真夏の炎天下の中外周をして体育館で座っていた時だ

 

気づくと仰向けに倒れていて腕や足をうまく動かすことができず

ピクピクしていた

 

軽い脱水症状と疲れがたまっていたせいだった

 

その頃僕は下の学年であまり上手くもないプレイヤーで

監督からも期待されているとは思わなかった

 

僕の同学年で僕より上手くすでに試合にでている子がいた

 

絶対に負けたくなかった

 

夏休みの練習は毎日きつく休む人は多かった

 

絶対に一人一回は休んでいるほどだった

 

そんな中自分は絶対に休んでたまるか

 

最後まで食らいついてってやると思っていた

 

そんな矢先に倒れて

 

家に帰ったあとクーラーの効いた部屋でポカリを飲みながら寝た

 

最高に気持ちよかった

 

けど悔しさがこみ上げてきた

 

結局最後まで休むことなく練習に参加するのはできなかったなぁ

 

あの夏くらいがむしゃらに一つのことをやりきったことはないかもしれない

 

自分の限界に挑戦したと胸を張って言えることが人生の中で何回あるだろうか

 

リスクをとることなく安全な道を選んでも別にかまわないとは思う

 

けど限界を迎えて自分の身にどんなことが起こるかなど気にせず

 

ただひたすら突き進む

 

そんなものに出会えていた僕は幸せだったかもしれない

 

社会人になってあの時の気持ちを忘れるべきではないと思った

 

あんぱいにおさまるな

 

そうあの時の僕が語りかけてくるようだ

 

おきにのTシャツ

今日は買ったばかりのお気に入りのTシャツ

 

ちょっとしわくちゃやけど時間ないからそのままでかけた

 

Tシャツしわくちゃなん好きな女の子とかに見られると

 

この人だらしないなぁ〜

 

とか思われんのかなぁ

 

ってちょっと心配

 

考えすぎか

 

いややっぱそうゆうとこあるよな

 

見る人は見るよな

 

けどやっぱりこのデザインいいわぁ

 

かっこよさの中からかわいさがのぞかせとる

 

今日もがんばれる

 

って思ってたらシミ発見

 

うっわぁ〜

 

最悪や

 

買ったばっかやのに

 

なんやねん、このシミ

 

絶対コーヒーやん

 

しゃあない

 

自分のそそうを恨むしかあるまい

 

白いTシャツにうす茶色いシミがよく映える

 

ん?

 

ワンポイントかな?

 

おしゃれやなぁ〜

 

とはならんやろうな

 

これは帰ったらシミ抜きやな

 

まあええか

 

深く考えてもしゃあないし

 

ちょっとしわくちゃになってたことなんて

 

もう忘れてた

 

シミのおかげや

 

ありがとう

 

 

 

 

とはならんからな

 

覚悟しときや

 

シミ

野心

野心ってなんだろう

 

日本をかえてやる

 

こんな世の中おかしい

 

こうゆう世界をつくりたい

 

高度情報社会の日本で過ごしていると数々の野心あふれる言葉に

ふれることが多い

 

僕の野心ってなんだろう

 

心の底からなしとげたいと思い

 

死ぬまでやり抜く

 

そんな気持ちで打ち込めるものってなんだ

 

こうやって探してる時点で今の段階ではないのだろう

 

いつそんな野心を持って取り組めるものに出会えるのか

 

僕と同世代で起業している人たちや自分の信念を貫いている人は

本当にかっこいいとおもう

 

そうなりたいと強く感じる

 

その人たちと僕の違いはなんだろう

 

なぜ僕にも心の底から湧き上がるような

 

やめろと言われるほうがつらくなるような

 

そんな熱い想いがないのだろうか

 

ただ出会えていないだけなのだろうか

 

早く出会えた人たちはラッキーなのだろうか

 

早く出会える努力をしたのだろうか

 

努力と思っていなかったのかもしれない

 

いつの間にか振り返ってみるとそんな気持ちができてたのかなぁ

 

僕にはまだわからない

 

あった時もあった気がするけど

 

しばらくして忘れてるようではそこまでの気持ちだったのかな

 

忘れないように気をつけるべきだったかな

 

気をつけなければと意識しているようではまだまだかな

 

でも最初のうちは意識していて

 

そのうち意識しなくても考えるようになったりするものかも

 

そうやって意識、考え、行動が繰り返されるうちに

 

他の人には代え難い自分だけの想いができあがっていくのかもしれない

 

僕はどこでつまづいているだろう

 

どれが足らなくてもうまく前に進むことはできない

 

たぶん行動かな

 

考えてばかりで一歩目を踏み出せていない

 

もしくは踏み出せてはいるけど

 

踏み出せ続けていない

 

つまり中途半端なのである

 

振り切れ

 

やりきれ

 

中途半端な意識では

 

中途半端な考えにしかならない

 

中途半端な考えでは

 

中途半端な行動にしかならない

 

中途半端な行動では

 

中途半端な想いにしかならない

 

それで満足か??

 

いや、、、、

 

おもしろくない、そんな人生

 

だとするならば

 

自分の心に耳をかたむけ突き進むのみ

 

自分に正直であり続けている人が魅力的にみえているのかも

 

野心を持つというより

 

自分に正直、自分の欲を満たすことに貪欲なだけかも

 

僕は我慢しすぎているかも

 

うまくそしてなんとなくおさまろうとしているかも

 

ぱっと見はいいかもしれないけど

 

深みがない

 

浅い

 

深堀りされても何もでてこない

 

だって自分で深堀ってないから

 

自分でストップかけて踏みとどまっているから

 

何もでてこない

 

出てくるのは「?」ばかり

 

誰にもわからないことをなぜ自分がわかるだろうか

 

自分にしか自分の気持ちは理解できない

 

自分に正直であれ

 

そうすれば余計なことは考えなくて済む

 

留学にいっただけでは何も変わらない

こんにちは、うじやんです。

 

留学に行く前、先輩たちから留学経験があれば就活無双できるな!

などと言われていましたが普通に僕は苦戦しました。

 

留学をすれば就活を有利に進められることは少なからずあるかも

しれません。

 

ただ留学にいっただけでは何も成長をしないですし

何を得たのかもあやふやな日々を過ごしてしまします。

 

結局大事なのは留学をして現地で

「何をしたか」

「何を得たか」

この二つに尽きると思います。

 

留学にいく動機はなんだってかまわないです。

 

現地でどのように過ごしどうゆう経験を得てどう自分は変化をしたか

これらを説明できないと就活では全く相手に響かないでしょう。

 

就活中僕はこれらの質問を何度もされました。

 

「なぜ留学をしようと思ったの?」

 

「留学先で何をしましたか?」

 

「留学前と後で変わったことはなんですか?」

 

採用面接で人事は就活生がどうゆう人物なのかを知り

自社に合っているか貢献してくれる人物かどうかを見極めようとします。

 

採用条件で英会話が必須であれば英語力を問われますが

どの企業も留学先の経験からどうゆう人物なのか探ろうとします。

 

なのでただ留学にいくだけでは決して就活で内定をもらい続けることができる

そんなことはないでしょう。

 

留学にこれから行く人であれば、今一度

 

「なぜ留学をしようと思ったのか?」

 

「留学先で得たい事は何か?」

 

「そのためにはどうすればいいのか?」

 

留学に行った後の人は

 

「留学先でどのような経験をし何を得たか?」

 

「留学前と後で変化したところはあるか?」

 

などと自問自答していただきたいなと思います。

 

 

ポテチ大好き人間の僕がこのまま生きていくと....

こんにちは、うじやんです。

 

ゴールデンウィークも終盤になり月曜日なんてくるな!と

叫んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

僕もその一人です。

 

こんなことを言うとまだまだ仕事を楽しめてないと言っている

ようなものですがつまりそういうことですね。

 

早く週末なんか終わっちゃえ!くらい仕事を楽しめるように

なっていきたいと思います。

 

そんな僕も至福の時間があります。

 

それは「ポテチを食べている時」です。

 

生まれて24年経ちますがいつのまにこんなにも好きになっていたか

というのが全く思い出せません。

 

完全にポテチ中毒ですね...。

 

週に5日以上、ひどい時は毎日BIGサイズのポテチを一人で食べていました。

 

そんなに食べたらめちゃくちゃ太ってるんじゃない?

と思う方もいるかと思います。

 

身長:183.3cm

体重:約60kg

 

ガリガリの中のガリガリな体型です。笑

 

似ている芸能人はアンガールズ田中ですね...。

 

いよいよやばいなと感じだし、このまま僕が今の食生活を続けると

どうなるのかシミュレーションをしてみました。

 

未来の体重を予測

まずはどれだけ自分の体型が変わっていくのかを把握し

それから今後の食生活を考えてみようと思います。

 

そこで利用したのはこちらツールです。

 

www.karadakara.com

 

 

現在の自分の体型や摂取している食事、簡単な質問に答えて

未来の体重を予測してくれます。

 

f:id:shibatora17:20170507011336p:plain

 

 

質問にどんどん答えていきいざ10年後の体重を予測!!

 

 

 

f:id:shibatora17:20170507011712p:plain

 

 

痩せてる〜〜〜笑

 

マイナス0.5kg痩せてました。

 

あんまり変わらないんですね...。

 

とはいえほぼ毎日ポテチを食べているのにこのままでいいのか....?

 

10代20代の食事は30代40代にでてくると聞きますしね。

 

No Potetochippusu, No life.

禁ポテチ週間を作ってもすぐに解禁してしてきた大好きなポテチ。

 

親が心配しすぎてコンソメ味ではなくうすしお味しか

買ってくれなかった中学時代のポテチ。

 

山のようにいろんな味をそろえてもらい高校時代の友人たちから

いただいた誕生日ポテチ。

 

そんなポテチとともに歩んだきた人生であり、ポテチに敬意を表しながら

ポテチに潜む危険を調べてみました。

 

 

f:id:shibatora17:20170507013047p:plain

 

 

めちゃくちゃ出てきました!笑

 

しかもガンに関する記事ばかりですね...。

 

まあ要約すると、発がん性のあるアクリルアミドという物質が

ポテチには多く含まれていますがはっきりと人体に影響を与えるかというと

明確には確認されていないです。

 

ただそのような危険性もあるので摂取量を減らしましょうと

警鐘を鳴らしています。

 

allabout.co.jp

 

 

まとめ

このまま僕が同じような食生活を続けると

 

「体重はほとんど変わらないかもしれないが、発がんする危険性が増す」

 

ということがわかりました。

 

小さい頃から健康的な食事の重要さを授業で聞いたかもしれませんが

全く僕にはその重要さがわかっていませんでした。

 

一人暮らしをし今まで家族が管理をしていたことが

自分のコントロール下になることで自由になる。

 

好きな食べ物やお菓子を好きな時間にいただけるのは

非常に喜ばしいことです。

 

しかし、本当に大切なものを10年後など未来で失うことに

なるかもしれませんね。

 

好きだからこそリスクも把握して食生活を見直してみようと思います。

ブログを毎日書くことで得られるメリット

こんにちは、うじやんです。

 

ブログを毎日書き始めてはや2週間がたとうとしています。

 

正直三日坊主な僕にしては驚きの成長です。

 

まあ書いている内容はとりあえず自分が書きたいことを書いてはいますが

それによって得られるメリットがいくつかありました。

 

思考を整理する

自分の考えをアウトプットすることで今までの経験やインプット

したことを整理することができます。

 

これによりわかったつもりだったりまだまだ自分の中に落とし込まれて

いないことに気づくことができます。

 

インプットの行動をする人は非常に多いですがアウトプットの行動

をする人は少ないのではないでしょうか?

 

自分の思考を言語化することで自分の考えを整理することができかつ

それによって人々に良い影響を与えることができるかもしれません。

 

覚悟を確かめられる

毎日1記事書くということでさえ達成できないのであれば

自分が成し遂げたいことなど到底実現できないでしょう。

 

そうな気持ちを持つことで怠惰な自分を切り捨て

身を引き締めることができます。

 

正直いうと僕は飽き性な性格でいろんなことに手をだしますが

継続力に欠けていました。

 

しかし、継続無くして実現なし、夢があるならばそれにむかって

ひたむきに努力することは必要となってくるでしょう。

 

その忍耐力も鍛えられています。

 

自分の思考を整理しつつ、継続的な力をつけていくことができます。

 

みなさんも毎日少しでも情報発信してみてはいかがでしょうか?